Q2 オートバイの免許はどうやって取得するのですか?
二輪車免許の種類
運転可能な排気量 高速道路走行 取得可能な年齢
大型自動二輪 問わず 18歳以上
普通自動二輪 エンジン総排気量400cc未満 16歳以上
普通自動二輪小型限定 エンジン総排気量125cc未満 × 16歳以上
AT限定大型自動二輪 エンジン総排気量650cc未満 18歳以上
AT限定普通自動二輪 エンジン総排気量400cc未満 16歳以上
AT限定普通自動二輪小型 エンジン総排気量125cc未満 × 16歳以上
原動機付き自転車 エンジン総排気量50cc未満 × 16歳以上
※注意@ 2人乗りは免許取得後1年(高速道路は取得後3年、20歳以上)
※注意A AT限定とはクラッチ操作が必要のない自動車限定
■以上なわけですが、神奈川県では段階制度があるので公認の教習所で教習を受けて免許を取るの
に制限があります。何も二輪車の免許をもっていない人が、いきなり大型自動二輪の教習を受ける事が
出来ません。(原付、普通車の免許を持っていてもおなじです)ですので18歳以上でも大型自動二輪
を取得したい場合は一度普通自動二輪を取得してから再度、大型自動二輪の教習を受講する必要
があります。

■さて、実際免許を取るにはどうしたらよいのでしょうか?取得したい免許によって方法が異
なります。原付免許であれば管轄の運転免許試験場で筆記試験のみなので簡単に取得
出来るはずです。しかし自動二輪免許となるとそうはいきません。筆記試験の他に実地試
験(実技試験)があります。もちろん試験場で直接受験する事も出来ますが、かなりの難易
度です。まして、乗った事の無い方が実技試験を受けたのならまず不合格でしょう。
(昔でいう限定解除の免許は皆さん自力で取ったものです。俗に言う「一発」ですね。)
そこで皆さんが利用するのが自動車教習所です。教習所を卒業すれば実技試験は免除さ
れます。他の自動二輪免許、普通免許などを持っているのなら筆記試験も免除です。
特に大型自動二輪免許は教習所でも取れるようになったので大型車に乗る人が増えました。
費用などは近くの教習所で尋ねてみてください。
教習所の中には非公認のものも存在します。非公認だと卒業しても実技試験、筆記試験
は免除になりません。最近はみませんが確認するべきです。
合宿免許というのもあります。2、3週間田舎の教習所で泊り込みで教習を受けるものです。
宿泊費、食費、教習料を含めてもかなり安いです。時間のある人には良いですね。
教習所を卒業したら試験場で筆記試験を受け(免除の場合もある)、合格すればあなたも
ライダーの一員です。免許を大切にしましょう!!

■免許を取得してから気をつけなければいけないことがあります。取得した免許は一年間の
初心者運転期間に入ります。例えばもともと普通自動二輪を持っていて、今回大型自動
二輪を取得したとします。1年以内に400ccのバイクで3点違反をしたとします。これは特に
問題がありませんが1000ccのバイクで3点の違反をしたら初心運転者講習が待っています

横須賀自動車学校