■バイク買取業者の内情と高く売るコツ
このページは当社ホームページでは非公開にしております。
通販の場合ではどうしても車両を確認しなければならないこと、輸送費がかかることから
下取りを行っておりません。ただそれでは申し訳ないのでなるべく高く処分するコツをお教え
しますのでご参考にしてください。

■原則
当たり前ですが買取専門業者、一般のバイク屋からすれば安く買い取れれば当然利益が多く
なりますからまず一番初めに出す査定価格は低めを言います。以外にもこの一番初めの査定
価格で売ってしまう方が多いです。また、特に買取専門業者の場合はこの一番初めの低めの
査定価格が恐ろしく低いです。『買取する側はなるべく安く買い取りたい』これは絶対ですので
忘れないでください。なので絶対に簡単に相手の言値で納得しないのが重要です。

■買取専門業者
買取専門業者のこれくらいで買取しますよという広告、電話での査定、これらの査定価格は
はっきりいって参考にならないと思ってください。言ってくる価格はあくまで最高価格です。
買取専門業者の場合は実際に車両を見に来たときにかなり細かい部分を指摘し、当初の査定
価格から減額していきます。最初の高額査定は売りたい側との接点でしかありません。悪く言っ
てしまえば餌です。
買取専門業者であれ一般のバイク屋であれ、買取の場合、業者のオークション相場以上の金
額では買取いたしません。


■一括査定サイトなど
一括査定サイトってありますよね。コレもかなり曲者です。車両情報だけ(実際に車両を見せて
いない)の査定価格は参考にはしないでください。一括なので数社から査定価格は出てきます
がおおかた同じ様な金額ではないでしょうか?相場があるから当たり前では?と思うかも知れ
ませんが、そうである場合もありますが違う理由の場合もあります。それは数社だと思わせて
いるだけで元は全部同じ会社ということがあるからです。一般の方が業者の流通相場を知る由
はありません。数社からの査定で殆どが同じ金額で「こんなもんなのかな?」と思わせるのが
ミソなのです。一括査定サイトが出始めのころはほとんどこの状態でした。ただ現在はまともな
サイトも多いようです。

■相場
一般の方が業者の流通相場を知る由はありません。ただ相場がわからないと交渉しにくくなり
ます。参考にしてほしいのはグーバイク、バイクブロスなどの中古車情報サイトです。車種にも
よりますが車両価格の80〜90%が業者の価格だと思っていただいて良いと思います。
業者の価格は業者のオークションの相場です。

■需要
一度中古車になってしまえば需要(人気)によって相場は決まります。同じジャンルの同じ様な
定価の車両が中古になった瞬間、大きな価格差を生むことも稀です。ハーレー、ドカッティなど
はほぼ定価販売しておりますが定価から考えると中古はかなり割安になっています。また海外
メーカーの車両も、メーカー、車種によっては定価から考えるとかなり安くなってしまう場合が
あります。逆に相場が高い車両もあります。輸出で人気がある車種や、最近生産中止になって
しまった人気機種、国内で人気のある機種などです。ご自身の売りたい車両が人気があるか無
いか調べるのも重要です。

■買取専門業者と一般のバイク販売店の違い
相場には地域性があります。同じ車両でも地域により価格差があります。全国規模の買取専門
業者で買取ってもらうメリットは地方の方が利用した場合
、全国相場で買取ってもらえるという
事だと思います。逆に首都圏にお住まいの方の場合はどちらでも同じような気がします。むしろ
買取専門業者はTVCM、雑誌広告、無料出張をしているわけですからそういったコストもかけ
ているわけで、それは査定価格に影響してくるとも思います。また一般のバイク屋でも規模に
よってはオークションでの買付けをあまり行わない所もありますので相場をわからないバイク屋
があるのも事実です。



■以上を踏まえていかに高く売るか?
@社外パーツが付いていてノーマルパーツがある場合はノーマルに戻してパーツは別に売る
いくらカスタムしてあっても大きく査定に影響することはありません。社外パーツはヤフオクなどで
別に売った方がお徳です。
Aバイクを綺麗にする
なるべく見た目を良くして印象を高めましょう。
B自分のバイクが業者の相場でどれくらいか見極める
難しいですが上記の情報を含め判断してください。売ろうと思ってるんだけどという感覚で近くの
バイク屋に査定しにいくのも手です。
C何箇所かで査定してもらう
売りたいと言ってしまうと相手も本気モードになるのでまずは売ろうかと思ってるんです程度で
アプローチして幾らぐらいになるか見極める。よく買取専門業者を数社呼んで同時に査定を競わ
るやり方もありますが、意外と最近こうする方が多いので業者同士で口裏合わせて査定価格を
吊り上げないようにしています。お互いさまだと思うのですがあまりえげつないやり方は反感を
買い、逆に高値で売れないこともあります。
D交渉
最後は売ろうと決めた業者とのかけひきです。がんばってください。廃車、名義変更などの後処理
も確実にしてもらえることも忘れずに。